FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

15.04.16 霊仙山その1

霊仙山は伊吹山や藤原岳などに近い鈴鹿山系の花が有名な山の一つです。この周辺は花で有名な山がいくつもあります。駅の近くに流れる川から沢を延々と進んでいき、途中の廃村から尾根に乗って山上をぐるっと回り、再び別ルートで登山口まで降りてきます。

コンロンソウ(Cardamine leucantha)
27-1t.jpg

シャク(Anthriscus sylvestris)
27-2t.jpg

クリハラン(Neocheiropteris ensata)というシダ植物。初めて見ました。
27-3t.jpg

ショウジョウバカマ(Helonias orientalis)が咲いています。
27-4t.jpg
道路脇の金網から花を突き出していて中々たくましい。そこらの湿った崖にたくさん生息していましたが、奥地ではあまり見ませんでした。

おそらくミヤマキケマン(Corydalis pallida var. tenuis)
27-5t.jpg
正直、見分け方はまったく分かりません。種子のつき方が一番分かりやすい特徴なようです。海岸に近くて壮大な雰囲気だとキケマンで間違いなさそうですが、あまり深くない山で普通の雰囲気だとどちらか悩みます。

ナツトウダイ(Euphorbia sieboldiana)
27-7t.jpg
沢沿いから乾き目の山中まであまり環境を選ばず生えていました。

ヒメコガサ(Galerina subcerina)
27-8t.jpg

ウスギヨウラク(Menziesia ciliicalyx)
27-9t.jpg
本州中部~四国にかけて分布するクリーム色の小さい花を咲かせるツツジ。ツリガネツツジともいう。

普通のタチツボスミレかな?
27-10t.jpg

サワハコベ(Stellaria diversiflora)
27-11t.jpg

フユイチゴ(Rubus buergeri)の実がまだ残っているとは。
27-12t.jpg
冬に熟すキイチゴの仲間ですが、もう4月ですよ。残っていたのはこの1つだけ。多雪地ですから、利用されずに埋まっていたのでしょうか。

白いショウジョウバカマ(Helonias orientalis)というのも見つかりました。
27-13t.jpg

スゲ属のカンスゲの仲間?(Carex sp.)
27-14t.jpg
単子葉類の葉が長く花が地味なタイプの植物(イネ科やカヤツリグサ科、イグサ科)はどこでも見られるが、あまり興味を持たれることはない。風媒花のため、花が地味な上に類似種が多く識別も難しいので当然でしょう。かく言う私も有名なワタスゲやススキなどを除けばまったく種類が分かりません。

ヤマルリソウ(Omphalodes japonica)
27-15t.jpg
花の色が桃色から淡いラベンダー色へと変化します。

オオチャワンタケ(Peziza vesiculosa)
27-16t.jpg
10cm弱の大きいチャワンタケ。木の根に埋もれているのを取り出そうとしたが、非常にもろいため破れてしまった。

ナラタケ(Armillaria mellea subsp. nipponica)
27-17tt.jpg

27-18t.jpg
なぜかナラタケには縁がなく、出会うのはこれが初めて。沢沿いでよく見られる美味しいキノコだそうだ。

おそらくヒメアジロガサモドキ(Galerina helvoliceps)
27-19t.jpg
その場ではこれもナラタケなのだろうかと思ったが、実際に採っていたら大変なことになっていたかもしれない。コレラタケに近い猛毒のキノコだ。植林内の林道脇のスギの倒木上に発生していた。

ハシリドコロ(Scopolia japonica)の芽生え。
27-20t.jpg

ホクリクネコノメソウ(Chrysosplenium fauriei)のようです。
27-23t.jpg
ネコノメソウの仲間はぱっと見よく似ているが、ちゃんとした見分け方があるので合っていると思います。ホクリクネコノメソウは暗紅色の葯が特徴です。

おっと思ったのが、自生らしきユキヤナギ(Spiraea thunbergii)。
27-21t.jpg

27-22t.jpg
植栽の普段見る姿と違い、花は少なくても力強い印象を受けます。渓流沿いや河川敷で見られるようですが、この場所は沢筋の上の乾いた崖だ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

あくびこのは

Author:あくびこのは
色々な野生生物との出会いを求めて各地へ赴くのが生きがいの大学院1年生。山に登り、海も行ける。生き物については、趣味として生き物の写真を撮りためた記録を公開しています。

過去の在住地は兵庫県阪神地区の市街地、大学は大阪府豊中市にあります。
現在は千葉県東葛を中心に活動中です。

カウンター
最新記事
カテゴリ
最新コメント
QRコード
QR
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。