FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月中旬 待兼山の蛾など

待兼山も少し歩くと飛び交う虫の姿が目に入り、賑やかさを感じる。メインに探しているのは蛾ですが、待兼山内での数の多少がまだ分からない。夜、帰りに外灯を覗いていくだけなので、ほとんどの種類が一度出会うだけなのだ。

アトキスジクルマコヤガ(Oruza mira)
32-7t.jpg
枯葉のような見た目。食草は枯葉だというので驚き。

モンキシロノメイガ(Cirrhochrista brizoalis)
32-8t.jpg
食草はイヌビワであろう。前翅に円の模様がある個体もある。

面白い形のツマジロエダシャク(Krananda latimarginaria)
32-9t.jpg

32-16t.jpg
クスノキを食草とする。まさに、植栽のクスノキがすぐ上にあった。関西では、春と秋の2回出現する。関西では各地でよく見られる普通種。その証拠に二度も遭遇している。

クサカゲロウの仲間は、繊細で素敵です。影がかぶって見づらい写真。
32-10t.jpg

コメツキムシは1分で余裕で5匹集まります。種類はちょっと分かりませんが。
32-11t.jpg
こいつら、ひっくり返すと関節?をうまく使ってポコポコ跳ね上がって立ち直ります。頭を押さえつけると結構な力で跳ね返ろうとするんですよね。どういう仕組みだ?

別の場所で採取した大型のヒゲコメツキは、羽化したてのヒオドシチョウを襲撃したのち、カマキリの子供たちとともに某友人のお腹の中に行ってしまったため、両者ともアップ叶わず。というか、ヒオドシチョウ可哀想に。

最近ウンザリするほど見かけるアサマキシタバ(Catocala streckeri)。
32-12t.jpg
これでも蛾の中では人気のある方のカトカラ属の一種。ハートのような白紋と後翅の黄色が特徴です。また、晩夏~秋が中心のカトカラ属としては珍しく、5月という早い時期に出現することも大きな特徴。

去年初めてのカトカラとして見たときは大興奮でしたが、少なくとも北摂周辺ではどこに行っても腐るほどいてあまり有難みはなくなった。

兵庫県では絶滅危惧Cランクになっている。でも、JR宝塚駅に何匹も舞ってたよ...。西宮市街地にもいたよ...。これ本当に現状を反映しているのか疑わしい。最近急激に都市や郊外に進出しているとかかもしれないけど。他県での事情は分かりませんが、他にいくつかの県でも絶滅危惧指定されている謎の雑魚キャラだ。

都市部でも見られるということは、おそらくは少なからず林縁を好む性質がある。数年で急激に林道が増えると、林縁性の生物が大発生するという事例は知られているが、そのような事が同時に複数の場所であったのか。蛾に限らず、大量発生現象はまだメカニズムがはっきりとしていない。自然度の高い場所でもそうした現象は見られるので、考えなしに自然破壊のせいにすることもできない。

他に当地ではオニベニシタバを採取したことがある。こちらもカトカラの中ではド普通種で、2014年の北海道では各地で大発生していたほど。自然豊かな知床半島のダケカンバ樹林帯でも登山道で多数を確認した。

ホソバシャチホコ(Fentonia ocypete)
32-13t.jpg

カシノシマメイガ(Pyralis farinalis)
32-14t.jpg
絶対珍しい蛾だと思った。と思ったら、大害虫でした。カシという名は樫ではなく、菓子ということからもその被害がうかがい知れる。主に穀物や動物の糞などの乾燥物から発生するという。有力な発生源は常駐している猫の糞か、利用されずに転がっている大量のドングリだろう。でも、よく考えたら乾燥した物を食料にできるなんて凄いことなんじゃないかと思う。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

あくびこのは

Author:あくびこのは
色々な野生生物との出会いを求めて各地へ赴くのが生きがいの大学院1年生。山に登り、海も行ける。生き物については、趣味として生き物の写真を撮りためた記録を公開しています。

過去の在住地は兵庫県阪神地区の市街地、大学は大阪府豊中市にあります。
現在は千葉県東葛を中心に活動中です。

カウンター
最新記事
カテゴリ
最新コメント
QRコード
QR
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。