FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

15.05中旬 蛾めぐり/やっと出会えたオオミズアオ


シャクドウクチバ(Mecodina nubiferalis)
33-1t.jpg

コヨツメエダシャク(Ophthalmitis irrorataria)
33-2t.jpg
新鮮なものは緑色が入って、美しい。色が落ちると、普通の蛾に見えます。

ウチムラサキヒメエダシャク(Ninodes splendens)
33-3t.jpg

シロマダラノメイガ(Glyphodes sp.)
33-5t.jpg

美麗リンガコンビも健在.

トビイロリンガ(Siglophora ferreilutea)はここでは初ですね。
33-4t.jpg

ギンボシリンガ(Ariolica argentea)もお美しい。フラッシュを炊くとシルキーな翅は反射してうまく撮れないな。今度は暗めのバックでじっくり撮りたい。
33-6t.jpg

キイロアツバ(Zanclognatha helva)
33-7t.jpg
似たような見た目の蛾が同じ属にたくさんいる。あのアミメアツバも同じ属の一員。

シロスジアオヨトウ(Trachea atriplicis gnoma)
33-8t.jpg

マエキトビエダシャク(Nothomiza formosa)
33-9t.jpg

スギドクガ(Calliteara argentata)
33-10t.jpg

ホソバハラアカアオシャク(Chlorissa anadema)
33-11t.jpg

またいたベニスズメ(Deilephila elpenor)
33-13t.jpg

おっとっと!
33-12t.jpg

ナシケンモン(Viminia rumicis)
33-14t.jpg

キムジノメイガ(Prodasycnemis inornata)
33-15t.jpg

コスズメ(Theretra japonica)
33-16t.jpg
胸部の金色の毛が高貴な感じのするスズメガ。コスズメという名前の通り、スズメガ科ではやや小型種。しかし、ウンモンスズメなどもっと小さい種類はいる。

そして、最後にはこの子を発見!憧れ続けたオオミズアオ(Actias aliena)です。
有名な蛾ですが、私はずっと会えずじまいでした。去年も毎月蛾を探しに行っていたのに一度も会えず、嫌われているのかと思っていた。

33-18t.jpg


オオミズアオは大型の蛾には珍しく、すごくおとなしい蛾です。落ちるとこんな感じで、仰向け状態でじっとしたり、
33-19t.jpg

お顔を撮らせてくれたり、
33-17t.jpg

手乗りさせて振り回しながら色々撮り方を試させてくれたり、
33-20t.jpg
というかしがみついてくる感触が愛らしい、まさに蛾のアイドルですね。

大型の蛾はなにかしらショックがあった時、大慌てでバタバタすることが多いのですが、オオミズアオはどうもまずは擬死行動を選択するようですね。他の大型蛾でもあまりこのような行動はしないと思います。割といじくり回しても、しがみついて中々逃げようとはしません。しかし、さらにつつき続けるとようやく逃げていくという、ちょっと間抜けな感じ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

あくびこのは

Author:あくびこのは
色々な野生生物との出会いを求めて各地へ赴くのが生きがいの大学院1年生。山に登り、海も行ける。生き物については、趣味として生き物の写真を撮りためた記録を公開しています。

過去の在住地は兵庫県阪神地区の市街地、大学は大阪府豊中市にあります。
現在は千葉県東葛を中心に活動中です。

カウンター
最新記事
カテゴリ
最新コメント
QRコード
QR
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。