FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

15.05.24 蛾めぐり/蛾はちょっと少なめ


キアシドクガ(Ivela auripes)
33-71t.jpg
多く発生している。透明感のある繊細な白い羽が美しい。大発生していた年もあるらしい。確かに、数は多い。

モントガリバ(Thyatira batis japonica)
33-72t.jpg
不思議な模様が多いトガリバ亜科の仲間の一つ。美しい。

カギバアオシャク(Tanaorhinus reciprocatus confuciarius)
33-73t.jpg
大型のアオシャク。フォルムもカッコよくて好きな蛾だ。

クロスジノメイガ(Tyspanodes striatus)
33-74t.jpg
小型だが、美しい蛾。ヤマボウシを食べる。

ホソバナミシャク(Tyloptera bella bella)
33-75t.jpg
食草はタラノキ。

アオフシラクモヨトウ(Antapamea conciliata)
33-76t.jpg
あまり見かけない蛾。

ホシオビコケガ(Aemene altaica)
33-77t.jpg

ツマキシロナミシャク(Gandaritis whitelyi leechi)
33-78t.jpg

セグロシャチホコ(Clostera anastomosis)
33-79t.jpg

33-80t.jpg
そういえば蛾めぐりポイントでヤナギ系の蛾ってこの場所でしか見ていない。ヤナギ系のシャチホコは中々面白いものが多いので会いたいものです。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

あくびこのは

Author:あくびこのは
色々な野生生物との出会いを求めて各地へ赴くのが生きがいの大学院1年生。山に登り、海も行ける。生き物については、趣味として生き物の写真を撮りためた記録を公開しています。

過去の在住地は兵庫県阪神地区の市街地、大学は大阪府豊中市にあります。
現在は千葉県東葛を中心に活動中です。

カウンター
最新記事
カテゴリ
最新コメント
QRコード
QR
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。