FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

待兼山のキノコ記録 イグチその5 小型のイグチたち


ヒメヌメリイグチ(Suillus viscidipes)
45-37tt.jpg
最初はアキノアシナガイグチかと思って、府内初記録かもとか言って後輩に自慢していたんですが、調べるうちに本種にあたりました。どちらにしろ珍しい種類だそうです。見た目は確かに似ているのですが、明らかに小型です。粘性は著しく、全体にあります。変色性はないようです。

コウラグロニガイグチ(Leccinum eximium var.nanum)
45-38t.jpg

45-39t.jpg
ウラグロニガイグチの変種扱いの小型種。確かに知床で見た個体に比べると、明らかに小さい。裂いてみると、肉は速やかに黒変。傘の表皮や菅孔は黒褐色で、この仲間の最大の特徴といえるでしょう。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

あくびこのは

Author:あくびこのは
色々な野生生物との出会いを求めて各地へ赴くのが生きがいの大学院1年生。山に登り、海も行ける。生き物については、趣味として生き物の写真を撮りためた記録を公開しています。

過去の在住地は兵庫県阪神地区の市街地、大学は大阪府豊中市にあります。
現在は千葉県東葛を中心に活動中です。

カウンター
最新記事
カテゴリ
最新コメント
QRコード
QR
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。