FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

15.08 蛾めぐり アカエグリバかわいい

アカエグリバ(Oraesia excavata)
42-14tt.jpg

かわいい。

42-13tt.jpg

マダラキヨトウ(Mythimna flavostigma)
42-1t.jpg
クロシタキヨトウよりも黒点や黒斑が多い。

クワコ(Bombyx mandarina)
42-2t.jpg
カイコの原種。桑は私の身の回りでは山のほうに行かないとあまりない。待兼山にも自然のものでない木が一株あるだけだ。

ノコバアオシャク(Timandromorpha enervata)
42-3t.jpg
アオシャクの中ではカッコいい種類。

スゲオオドクガ(Laelia gigantea)
42-4t.jpg

アオシャチホコ(Syntypistis japonica)
42-5t.jpg
あまり青くないけどこれはアオシャチホコ。春のほうが個体数は多いと感じる。

オオシロエダシャク(Metabraxas clerica clerica)
42-6t.jpg

コトビモンシャチホコ(Drymonia japonica)
42-7t.jpg

ムラサキアカガネヨトウ(Euplexia vinacea)であってるんだろうか。
42-9t.jpg

コウモンクチバ(Blasticorhinus ussuriensis)
42-10t.jpg

どちらもハガタクチバ(Daddala lucilla)
42-12t.jpg

42-15t.jpg
似たようなクチバの仲間はどれも変異が大きく、白帯が出たり出なかったりと難しい。

エグリエダシャク(Fascellina chromataria)
42-16t.jpg

ビロードスズメ(Rhagastis mongoliana)
42-11t.jpg

ドクガ(Euproctis subflava)
42-8tt.jpg
真夏はこの蛾がやたらと多い。成虫が有毒な蛾はほんのわずかといっても、本種は毎回個体数の上位ランカーだし、個体数では決して少ないとは言えないんだよなぁ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

あくびこのは

Author:あくびこのは
色々な野生生物との出会いを求めて各地へ赴くのが生きがいの大学院1年生。山に登り、海も行ける。生き物については、趣味として生き物の写真を撮りためた記録を公開しています。

過去の在住地は兵庫県阪神地区の市街地、大学は大阪府豊中市にあります。
現在は千葉県東葛を中心に活動中です。

カウンター
最新記事
カテゴリ
最新コメント
QRコード
QR
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。