FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

15.09.07-10 白浜に行っていました

数日間、所用で白浜にいました。滞在地は自然の海岸が広がる岬。

ハマナデシコ(Dianthus japonicus)
44-7t.jpg
普通のナデシコとはかなり花の形が異なる。どちらかというとシナノナデシコに似ている。葉も海岸植物らしく非常に分厚い。

ハマユウ(Crinum asiaticum)
44-11t.jpg
個人的には別名のハマオモトの方がなじみ深い。

ハマゴウ(Vitex rotundifolia)
44-12t.jpg
背は低いが、砂浜を這い回る低木。シソ科で、葉は揉むとハーブ臭がします。

センニンソウ(Clematis terniflora)
44-13t.jpg
そこら中で目立つ白い花を咲かせていました。不思議に訪花している虫は少ない。紀伊半島にはよく似たキイセンニンソウという近縁種がいるらしい。

相変わらず咲いているハマアザミ(Cirsium maritimum)
44-15t.jpg
花に黄色いクモがのっていますね。

調べてみると、アズチグモ(Thomisus labefactus)というクモだそうです。
44-16t.jpg
花の上にいることが多いそうですが、コイツどうしてよりによって補色で一番目立つ紫色の花の上にいるんだ?

サツマゴキブリ(Opisthoplatia orientalis)
44-6t.jpg
こいつは、この地域で大発生していてハマオモトの葉の隙間などにたくさん潜んでいる。ものの3分で十匹近くを捕獲することができた。4日間虫かごに餌もやらずに監禁していたがどの個体も元気なままであった、かなり強い生物なのだろう。

夜間に窓によってきた蛾の飛来は多くはない。

マエモンツマキリアツバ(Pangrapta costinotata)
44-8t.jpg

ハマオモトヨトウ(Brithys crini crini)
44-9t.jpg
今回狙いの蛾の一つ。写真で見ると、狙ってたもう一種のほうに比べて地味だと感じましたが、実物を目にしてみるとなかなかどうして、美しいじゃないですか。なんだかシャチホコガっぽい色と形。

44-10t.jpg
ヒガンバナなどにもついて勢力拡大中の模様。ハマユウに巣食う幼虫は今回は発見できず。ハマオモトの葉の隙間は様々な生物のすみかになっていて、どうも大量にいるサツマゴキブリと競合しているんじゃないかと感じた。

クロスジキンノメイガ(Pleuroptya balteata)
44-14t.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

あくびこのは

Author:あくびこのは
色々な野生生物との出会いを求めて各地へ赴くのが生きがいの大学院1年生。山に登り、海も行ける。生き物については、趣味として生き物の写真を撮りためた記録を公開しています。

過去の在住地は兵庫県阪神地区の市街地、大学は大阪府豊中市にあります。
現在は千葉県東葛を中心に活動中です。

カウンター
最新記事
カテゴリ
最新コメント
QRコード
QR
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。