FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

15.07.14 白馬連山花づくしその11 栂池から天狗平

ソトグロコブガ(Nola okanoi)
39-281t.jpg
タクシーで降りた駅にたくさんいた蛾。あまり多くない蛾らしいが。

夜行バスで帰る予定だったので、まだ時間がある、ということでもう少し登るかということで栂池から少しハイキングをすることに。
どうせなら無名の山をちょっくら登っても良かったなと思いますが、


コミヤマカタバミ(Oxalis acetosella)
39-282t.jpg

ミツバオウレン(Coptis trifolia)
39-283t.jpg

アカモノ(Gaultheria adenothrix)
39-284t.jpg
登山道に多い植物。真夏を過ぎた山道で赤い実がたくさんなっているので一粒いただいてしまうのだが、コケモモなどに比べるとおいしくない。

ベニバナイチゴ(Rubus spectabilis)
39-285t.jpg
亜高山に多いキイチゴ類で花の色が他に似たようなものがないので好きな種なのですが、散りかけが多くてやっとまともなものを見れました。もっともいつでも散りかけに見える花ですが。

ムラサキヤシオツツジ(Rhododendron albrechtii)
39-286t.jpg
なぜか登山道の真ん中にある一株がまだ咲いていました。見慣れたコバノミツバツツジに比べると艶やかな印象を受けます。

とりあえず1時間くらいで天狗原に到着。ここも湿原です。昨日の2つの湿原とはまた環境が違います。この場所は全体的に植物の背丈が低い印象を受けました。

ヒメイチゲ(Anemone debilis)も咲いていました。
39-287t.jpg

39-294t.jpg

ツマトリソウ(Trientalis europaea)
39-288t.jpg
ミニキヌガサソウとでも言えそうな小さな花。

クロマメノキ(Vaccinium uliginosum)
39-289t.jpg

コケモモ(Vaccinium vitis-idaea)
39-290t.jpg

ハクサンシャクナゲ(Rhododendron brachycarpum)
39-291t.jpg

ミネズオウ(Loiseleuria procumbens)
39-292t.jpg
高山の小低木ツツジでは珍しく上向きの花を咲かせます。湿原内の岩の上に生えていました。周りの岩がゴロゴロした場所で様々なツツジ類が見つかります。

クロウスゴ(Vaccinium ovalifolium)
39-293t.jpg

イワオトギリ(Hypericum kamtschaticum var. hondoense)
39-295t.jpg

ミヤマツボスミレ(Viola verecunda var. fibrillosa)
39-296t.jpg

カンスゲの仲間ですっけ?やはり、花の地味な植物は中々覚えられませんし、調べるモチベーションがある機会も少ないです。
39-297t.jpg

おっ、イワナシ(Epigaea asiatica)ですね。
39-298t.jpg
憧れの花その。
これまでの道では全く見かけませんでしたが、ここの道ではかなり多く見られます。葉の質感が独特で、普通のツツジとシャクナゲの葉を足して2で割ったような感じです。

タケシマラン(Streptopus streptopoides subsp. japonicus)
39-303t.jpg

4日間に渡って目を楽しませてくれた憧れの花だったシラネアオイ(Glaucidium palmatum)にも別れの挨拶を。
39-299t.jpg

39-300t.jpg
多くの人はわざわざ有料の自然園に入場してこの花を見ることになるのですが、登山道に入ると100mほどですぐに登場して、ちょっと得した気分になったり。

テガタチドリ?(Gymnadenia conopsea)
39-301t.jpg

道端の草の陰にいたのはベニバナイチヤクソウ(Pyrola asarifolia subsp. incarnata)
39-302t.jpg
イチヤクソウの仲間は林縁に出現するイメージがありましたが、本種は道端に登場するような種なんですね。風穴の植生を調べてみると高頻度で本種が出現しています。崩壊地など攪乱の多い場所に適応した種類なのでしょうか。


雪渓を横切る時にウソ(Pyrrhula pyrrhula)が登場しました。
39-304t.jpg

39-305t.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

あくびこのは

Author:あくびこのは
色々な野生生物との出会いを求めて各地へ赴くのが生きがいの大学院1年生。山に登り、海も行ける。生き物については、趣味として生き物の写真を撮りためた記録を公開しています。

過去の在住地は兵庫県阪神地区の市街地、大学は大阪府豊中市にあります。
現在は千葉県東葛を中心に活動中です。

カウンター
最新記事
カテゴリ
最新コメント
QRコード
QR
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。