FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

15.07.12 白馬連山花づくし その4


朝。5時ごろ起床。昨晩は22時ごろに目が覚め、2年ぶりの天の川を眺めることができた。都会で生活していると満天の星空など見えることはないので、何度見ても感動的である。

テントをしまい、ここから白馬岳山頂へ向かうと思いきや...。まずは下ります。実は、昨日ムシトリスミレとシコタンソウを途中の道で見つけてまして、この後無かったらやだなということでわざわざ15分ほど下っていくことに。

イワヒバリ(Prunella collaris)
39-88t.jpg
ここの個体は立山の個体ほどは接近を許してくれず。あそこに比べると人は少ないですからね。

シコタンソウ(Saxifraga bronchialis subsp. funstonii var. rebunshirensis)
39-89t.jpg
高山の岩の上でよくみられる美しい花。外側の斑点が赤く、内側の斑点は黄色い。少なくとも登山道中ではあまり個体数が多い植物という印象は受けません。

ムシトリスミレ(Pinguicula vulgaris)
39-90t.jpg
憧れの花その6。白馬岳では個体数が少なかったので珍しいものだと思っていたんですが、下山するころには見飽ることになりました。

カイタカラコウ(Ligularia kaialpina)
39-91t.jpg

イワオウギ(Hedysarum vicioides subsp. japonicum var. japonicum)
39-93t.jpg

ミヤマゼンコ(Coelopleurum multisectum)
39-92t.jpg

39-94t.jpg

ミヤマオダマキ()は小屋付近にはとても多い。
39-95t.jpg

石垣の下から花を見上げてみる。
39-96t.jpg
ミヤマオダマキの花は青空の色。この角度でもっと新鮮な個体を空と一緒に撮りたかったです。

39-100t.jpg

イワベンケイ(Rhodiola rosea)
39-97t.jpg

やっと小屋のあった場所まで戻ってきました。トイレを借りた後は山頂を目指し、一気に雪倉・朝日までの縦走です。

オヤマノエンドウ(Diapensia lapponica L. var. obovata)
39-99t.jpg
憧れの花その7。低地のマメ科植物に比べると随分と色が濃い。この種も花期が早くこれまで花を拝むことができなかった。

39-101t.jpg

山頂付近ではもう一つの山頂小屋を境にかなり植物相が変化した。チングルマの穂みたいなのがそこら中にある。後で気づいたのだが、チングルマはこんな時期にはまだ咲いている個体すら多くなく、これはツクモグサの枯れ穂であった。山頂一帯は結構なツクモグサパラダイス。咲いている花は出ないかと探しますがなかなか見つからず。

山頂に到達した後、直下の草地で色々と探し回ります。
イワウメ(Diapensia lapponica var. obovata)
39-102t.jpg
スタンドライトのような花。マット状の葉から花が突き出していてなんとも面白い。

ミヤマシオガマ(Pedicularis apodochila)
39-104t.jpg

チシマアマナ(Lloydia serotina)
39-105t.jpg

39-106t.jpg
ツクモグサとともに花期先頭グループ。この山にもあったのか。新鮮ではないですが出会えて良かった。

ツクモグサ(Pulsatilla nipponica)
39-107t.jpg

39-108t.jpg
満を持して憧れの花その8登場。これが今回の目的のメインの一つでした。白馬山頂付近では密度はそこそこ多く、見つけられないということはないでしょう。ただ、この時期に来ても半数以上がもう花を終えて穂となっているのは驚きでした。シーズン最終に見つけようと思うと苦労するかもしれません。白馬山系では礫地だったり薄めの草地に多い植物で、ウルップソウも同じような場所で出ます。

クロクモソウ(Micranthes fusca var. kikubuki)
39-109t.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

あくびこのは

Author:あくびこのは
色々な野生生物との出会いを求めて各地へ赴くのが生きがいの大学院1年生。山に登り、海も行ける。生き物については、趣味として生き物の写真を撮りためた記録を公開しています。

過去の在住地は兵庫県阪神地区の市街地、大学は大阪府豊中市にあります。
現在は千葉県東葛を中心に活動中です。

カウンター
最新記事
カテゴリ
最新コメント
QRコード
QR
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。