FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

15.11.10 待兼山の蛾

11月に入って暖かい日が続いたため、待兼山でも蛾の数が増えている。ウスキツバメエダシャクも2匹見られました。
今日飛来していたのはこんな種類。

カシワキボシキリガ(Lithophane pruinosa)
47-23t.jpg
頭の角ばったコブが非常にカッコいい。このコブって複数のキリガに見られますが、どういう役割の構造なんでしょうか。

地味なようで、石のような模様は繊細で美しい。とまっていたのは真っ白な壁だったので丸わかりでしたが、相応しい場所にとまった時の擬態の効果はかなりのものでしょう。

47-24t.jpg

カシワと名前がつくが、食草はコナラなど普通に存在するブナ科であればよいようだ。今年の3月にも目撃しているので、越冬する種のようです。また、待兼山ではよく似たハンノキリガも目撃している。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

あくびこのは

Author:あくびこのは
色々な野生生物との出会いを求めて各地へ赴くのが生きがいの大学院1年生。山に登り、海も行ける。生き物については、趣味として生き物の写真を撮りためた記録を公開しています。

過去の在住地は兵庫県阪神地区の市街地、大学は大阪府豊中市にあります。
現在は千葉県東葛を中心に活動中です。

カウンター
最新記事
カテゴリ
最新コメント
QRコード
QR
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。