スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

16.03.07 早春の姫君、マイコトラガ


今年も待兼山で早春の姫君、マイコトラガが現れました。いわゆる春の大物が出る前の、早春のこの時期では一番であろう美しさを誇る蛾です。誰が何と言おうと自分にとってはこれが一番。
少ないながらも全国的に分布するようですが、記録が多いのが関西の低地と北海道という不思議な分布パターンを示します。

自然の残された場所にしか現れないかと思えば、関西では市街地に迫る場所でも平気で出現します。今までに大阪府の三か所で確認していますが、SAや箕面の山麓など、どこも自然が本当に豊かとはいえない場所です。食草はノブドウらしいので特に出現環境が限られるわけでもありません。不思議ですね。

登校時に、いつも蛾がとまっていないか確認する壁で採取。

マイコトラガ(Maikona jezoensis jezoensis)
49-33t.jpg
ため息が出るほど美しい翅の模様。椿か紅梅の描かれた着物のよう。

49-32t.jpg

転がしてみた。というより、捕まえるとすぐに死んだふりをして、立てて撮影するのが難しい。モフモフの前足を曲げているのが、どうにでもしてください!って感じでかわいい。
49-31t.jpg

前半のアップ。にしても毛が多すぎて未だに眼を写せたことがありません。蛾では珍しい藍色の毛があるのが本種の特徴です。
49-35t.jpg

後半のアップ。鱗片一つ一つが目に見えます。
49-34t.jpg

前から。モフモフというよりは、モサモサか。もさかわの蛾です。まるで毛虫のまま蛾になったような。
49-36t.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

あくびこのは

Author:あくびこのは
色々な野生生物との出会いを求めて各地へ赴くのが生きがいの大学院1年生。山に登り、海も行ける。生き物については、趣味として生き物の写真を撮りためた記録を公開しています。

過去の在住地は兵庫県阪神地区の市街地、大学は大阪府豊中市にあります。
現在は千葉県東葛を中心に活動中です。

カウンター
最新記事
カテゴリ
最新コメント
QRコード
QR
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。